スマートフォンの爆発的な普及によって利用者が一気に急増したSNSは、今や単なるコミュニケーションツールではなくなりました。
誰もが自由に自分の意見や表現方法で情報発信を行うことが容易になったことで、意識するしないにかかわらず自己顕示欲や承認欲求が手軽に満たせる場となっています。
日常のプライベートな交流のみならず、現在では企業が積極的にSNSに参入しマーケティングやブランディング戦略にも有効活用しています。
特に、基本的に実名でなければ登録できないFacebookでは新たな顧客獲得を実現させ、群を抜いた拡散力を持つTwitterでは効果的な広告宣伝に役立てるなど、既に多くの企業や個人事業主が実利に繋げることを成功させており、それ自体が新たなイメージアップにつながっています。

FacebookやTwitterは今やSNSの中でも老舗といった雰囲気があり、写真や動画などを掲載しなくても違和感なく使用できます。
Twitterを利用する女性特にTwitterは短文のみの投稿で交流可能な点から気楽に使えるSNSといった雰囲気で親しまれています。
その分老若男女問わず多くの人がアカウントを持ちやすく、若者の場合は交流したいジャンルごとに違うアカウントを持ったり、閲覧専門やメモ代わりに登録しているケースも少なくありません。
それだけに拡散力という点においては他のSNSをはるかに上回り、広告宣伝の最強ツールとして一層の注目を集めることにもなりました。

SNSに依存してしまう人もいる

Facebookのほうは年配の利用者が多いという点が企業には嬉しいポイントです。
基本的に実名登録という点で現実に存在する顧客を捉えやすくなっています。
Facebookページという企業や個人のミニブログといった趣のページはブランディング戦略に非常に役立つばかりか、1クリックで商品の販売ページや店舗の予約ページなどに遷移させることが可能な構造にもなっており、知名度アップのみならず実利に直結させることが容易なページになっています。
企業のみならず個人で行っている活動のアピールやハンドメイドの作品販売に活かすことも可能なため、SNSを積極的に活用したい人は開設しておきたいページです。

事業の拡大や顧客の獲得、効果的なブランディング戦略など、しっかりとした目的のある人にとってはメリットの多いSNSですが、SNS依存が問題になっています。
日常生活でのちょっとした余暇に楽しむだけならまだしも、一時も目が離せないほどSNSに没頭したり、自分の発言や表現に対して常に誰かから良い反応をもらわなくては気持ちが落ち着かなくなったりするなど、SNSへの依存度が高まることは、新たな現代病とも言われています。
一部の人からは人類には早過ぎたツールと言われるSNSですが、効果的に活用していくためのより良い距離感も模索されており、さらなる議論も呼んでいます。

SNSで発信して自分を表現

スマホを弄る人の手個人的にも社会的にも現代生活に無くてはならないものとなったSNSは、多くの人が一日のほとんどの時間をスマートフォンを片手にして過ごすようになったことで、特別なコミュニケーションツールではなくなり、人によっては呼吸や食事と同じくらい絶やすことが考えられないほどの存在となりました。
ある程度の年齢以上の人には冷静に向き合えるものであっても、物心ついた時からデジタル機器に囲まれて育ってきた現代の若者にとっては、依存という意識が無い状態でそれらが手放せない生活を送っています。
SNS依存というと年齢の高い人はマイナスイメージのみを抱きがちですが、そう呼ばれる若者の中にはSNSを有効活用して高収入を得ている人もおり、社会全体がバランス良く対応することでSNSの可能性をさらに高めようとする気運も高まっています。

SNSを使った情報発信やブランディング戦略は企業が率先して行っている印象がありますが、現代の若者はインターネットはあって当たり前の世の中で育ってきただけに特別な意識を持たずに表現や発信を行っており、意外な発言や表現が日本のみならず世界から賞賛されるといったことも日常でよく見られるようになりました。
人気の写真や動画が掲載元からFacebookやTwitterを通じて瞬時に世界に拡散されることで新たな交流のみならず利益も生まれて、インターネットの良い面が際立つ機会も少なくありません。
そういった機会を経て同じ考えや価値観を持つ人と国境を越えて繋がることができる点もSNSの大きな魅力です。

SNSをやる上での注意点

SNSで発信して自分を表現するというメリットのほうだけを良い形で伸ばしていける社会であれば問題はないのですが、さまざまな考え方を持つ人が容易に接触できてしまうインターネット上では悪意のほうも増殖しやすい面があり、メディアを騒がせている炎上問題などもSNSの危険な側面と言えます。
自己顕示欲や承認欲求は若者ほど強く抱いており持っていて当然の感情ではありますが、SNSを活用して良い出会いに繋げたり、効果的なセルフブランディングを実行して自分が行っている活動のアピールや作品の販売などに繋げたい場合は、自分自身の欲求を突出させるのではなく企業と同レベルの冷静さや綿密さが求められることになります。
日常的に家族や友人と楽しむための内輪で利用するSNSと、広く世界に向けた発信やブランディングに活用したいSNSはしっかり区別して利用したほうがさまざまな点で安心安全で、より多くのメリットが獲得できる可能性が高まると考えられます。